住宅のイメージ

注文住宅なら理想の住宅を建てられる|購入者の意思を大きく反映

早く安く建てられる

住宅

新築一戸建てを建てる場合、多くの人がハウスメーカーに暮らしやすい注文住宅を建ててもらうものです。家族構成や間取りの希望などを取り入れられる注文住宅は、マイホームを建てる上で多くの家庭が依頼しています。多くの人は間取りや内装、外観などの注文だけが行なえるものだと考えているでしょう。しかし実際には、建物の資材や建築方法などに関しても自由に注文を行なうことができるのです。資材や工法を選択することで、通常の新築一戸建てよりも安く早く建てることができるでしょう。注文住宅のコストにおいて、高額となるのが建物の資材です。家を支える木材やコンクリート、柱や梁を固定する器具など、さまざまな資材を使用するためコストも高くなるのです。注文住宅を建てるハウスメーカーによっては、他のメーカーよりも安い資材を独自のルートで調達します。海外製の木材や金属器具などを安く導入し、使用することで建築費用も安く抑えることができるのです。海外製の資材といっても耐久性は通常のものと遜色はないので、安く丈夫な家を新築一戸建てとして建てられます。

一般的な住宅の工法では、木材を骨組みとした木造軸組工法と呼ばれる方法を利用しています。木材をバランスよく組んで家を建てる方法は古来より行なわれてきたものであり、受け継がれてきた技術により耐久性に関しては申し分ないものとなります。しかし最近では、耐久性も高くすぐに建てられるパネル工法が、新築一戸建ての物件で多く利用されているのです。木造軸組工法に比べてパネル工法は、先に外壁や間取りを形作るパネルを設置することで建てられます。耐力壁として高い耐久性をもつパネルで建てられるので、この工法の家も頑丈なものとなります。木材をしっかりと組む手間を省いた工法であるため、家を素早く建てることができるでしょう。急な転勤などによって新しい土地にマイホームを建てたいとする場合、すぐに家を建てて欲しいとする人も多いでしょう。注文住宅としてパネル工法を選ぶことで、すぐに新築一戸建ての物件に住むことができるのです。